オルリスタットの注意事項

最近話題のゼニカルの成分であるオルリスタットはちょっとした注意事項があります。一番気になるのが放屁です。放屁をしたと思ったら何か違うものが出てしまうことも…これからオルリスタットを使用しようと考えている方は必ずご覧ください。

産後授乳中に食べやすいおにぎりとオルリスタット

産後授乳中はどうしても自分の時間を取ることが出来なくなってしまうため、食事などもおろそかになりがちです。
手軽に食べることができるものと考えると、おにぎりなどはとても良いでしょう。
簡単に作る事が出来るだけでなく、中の具を変えるだけで様々な味を楽しむことができるようになります。
またおにぎりは消化吸収も良いので、少し小腹が空いた時にもとても使いやすい食べ物だといって良いでしょう。

しかし中には妊娠中に増えた体重が産後授乳中でもなかなか減らないといって悩んでいる人も珍しくありません。
また授乳しているとどうしてもお腹が空いてしまうからと言って、おにぎりだけでなく色々な物必要以上に食べてしまう人もいます。
体重が思ったように減らない、かえって増えてしまうとダイエットを考える人もいますが、食べないダイエットは産後授乳中は良くありません。
ではどういう方法が良いでしょうか。

食べる量を減らす事なくダイエットをする事が出来る方法として注目を集めているのがオルリスタットです。
実際に服用すると摂取した脂質の3割を体外に排出する事が出来るので、人によっては大幅なカロリーダウンも期待できます。
これなら食事内容を変える必要がないので産後授乳中でも良いのではないかと思う人もいるかもしれませんが、オルリスタットは授乳中の服用は控えるようにと決められています。
その理由の一つが赤ちゃんへの影響です。
母乳には施主した医薬品の成分などが移行する可能性が高く、場合によっては赤ちゃんに大きな影響を与えてしまう事も珍しくありません。
その為、オルリスタットを服用したい場合は授乳が終わってからというのが一般的となっています。
どうしても利用したいと思っている場合は、医師とよく相談して服用の許可が出てからにすべきです。